山代温泉にて20歳から29歳までだけが買えるクラフトビール「加賀アオハルビール」発売

加賀アオハルビール

石川県加賀市の山代温泉「すだに酒店。」にて1月8日、20歳から29歳までの年齢の人だけが購入できるクラフトビール「加賀アオハルビール」が販売を開始しました。同商品は、19歳から29歳を対象にした加賀温泉郷のキャンペーン「加賀アオハル2020」の一環として販売されます。

同商品は、山代温泉温泉通り商店街の「すだに酒店。」の発案から「加賀アオハル2020記念ビール製作委員会」が企画し、金澤ブルワリーが製造しました。限定400本の販売です。キャンペーンの一環でありながらも、20代の人を対象にした販売するのは面白い試みです。

「加賀アオハル2020」には、日帰り入浴施設、観光文化施設、体験施設、飲食店など約70施設が参画しており、対象者に無料や割引き、特典付きなどのサービスを2月28日まで提供しています。

「加賀アオハルビール」は330ml瓶で440円(税込)。「すだに酒店。」で購入できます。

【関連ページ】金澤ブルワリー

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






加賀アオハルビール