大田区の産学連携にて製品化されたクラフトビール「山のかほり – 池上梅園 -」と「海のかほり – ふるさとの浜辺公園 -」発売

「山のかほり - 池上梅園 -」と「海のかほり - ふるさとの浜辺公園 -」

有限会社大鵬は10月1日、東京都大田区の産学連携にて製品化されたクラフトビール「華香 HANAKA – 大田のかほり -」シリーズの2種類のクラフトビール、「山のかほり – 池上梅園 -」と「海のかほり – ふるさとの浜辺公園 -」を発売しました。

「山のかほり – 池上梅園 -」は、東京バイオテクノロジー専門学校と羽田麦酒との産学共同研究から誕生したクラフトビール。大田区立池上梅園の梅から採取した培養液をビール醸造させた結果、独特の香りを持つクラフトビールが誕生しました。原材料に梅が入っていないものの、酵母の力強さの影響もあり、梅のテイストが残る仕上がりとなっています。

また「海のかほり – ふるさとの浜辺公園 -」は現在も老舗海苔問屋として大田区美原通りで営業を続けている「川島屋」の高級海苔を原料に使ったクラフトビールです。原材料に厳選された焼き海苔を入れています。

大鵬は1961年に東京都文京区にて中華料理大鵬を開店。2016年、大田区西蒲田にて羽田バルの営業を始め、羽田麦酒と協業し企業、自治体、組合等と連携して多種多様なクラフトビールを企画・製造・販売しています。2020年には羽田にオープン予定のレストランの運営も行います。

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。






「山のかほり - 池上梅園 -」と「海のかほり - ふるさとの浜辺公園 -」