サンクトガーレン、クラフトビールの福袋販売。東京ドーム「ふるさと祭り東京2018」にて

神奈川県厚木市の有限会社サンクトガーレンが、1月12日から21日まで東京ドームで開催されている「ふるさと祭り東京2018」にて、クラフトビールの福袋を販売中です。昨年の「ふるさと祭り東京2017」で初めて販売したところ、用意していた100セットが完売と大変好評だったため、今年も企画されることとなりました。

サンクトガーレン福袋

中身は、17種類のクラフトビールからランダムに選ばれる4本と、パイントグラスやIPAグラスなど非売品のオリジナルグッズの中から1品以上がセットに。5本以上入って価格は2,400円とお得な内容となっています。

中には今年発売したての「チョコビール」シリーズや、ワインのように年単位での長期熟成が可能なビール「麦のワイン(1本1,000円)」が入っていることも。麦のワインは10袋に1袋の割合で入っているので必見です!

サンクトガーレン「麦のワイン」2種

麦のワイン2種

また、ふるさと祭りのサンクトガーレンブースでは、11種類の樽生ビールメニューを用意しています。1月11日に発売したばかりのチョコビール4種類(インペリアルチョコレートスタウト、杏仁チョコレートスタウト、オレンジチョコレートスタウト、スイートバニラスタウト)やレギュラー黒ビールのブラウンポーター、2017年秋アニメ「妹さえいればいい。」に登場して話題となった黒糖スイートスタウトと、11種類のうち6種類のビールが黒ビールという異色のラインナップとなっています。

サンクトガーレン チョコビール 4種

チョコビール4種

樽生ビールは1杯500円。4杯選べる1,000円の飲み比べセットやお土産用の瓶ビールも用意されており、ビール好きにはうれしいイベントです。

「地ビール0号」と業界内で呼ばれ、国内外のコンテストでも数々の受賞を誇っているサンクトガーレンの地ビールをお得においしくいただける「ふるさと祭り東京」に、友人や恋人、ご家族などと一緒に期間中に来場してみてはいかがでしょうか。

サンクトガーレン ふるさと祭り東京2018 ブース情報

【公式サイト】有限会社サンクトガーレン
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」