【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

創業273年の老舗酒蔵・矢尾本店、秩父発のクラフトビール「Fest365」を販売

Fest365

創業273年の老舗酒蔵・矢尾本店は、埼玉県秩父の祭りをイメージしたクラフトビール「Fest365」3種の販売を開始した。

ラインナップは「12月3日のホーリャイ」、「7月20日の水しぶき」、「8月14日のこぉらしょっ」の3種。「Fest365」は、一年中どこかで祭りが催されるという秩父のように、飲んだ人の毎日をハレの日にしたいという思いから名付けられた。

「12月3日のホーリャイ」は秩父夜祭の高揚感をイメージしたペールエールで、程よい苦味の中で広がる米糠の甘みとホップのフルーティーな香りを感じられる。「7月20日の水しぶき」は秩父川瀬祭の爽快感をイメージしたピルスナーで、なめらかな飲み口と爽やかなアロマが、夏空に輝く水しぶきのように清々しい一品。「8月14日のこぉらしょっ」は、秩父音頭まつりの一体感をイメージしたポーターで、香ばしいロースト麦芽と米糠・酒粕が織りなす芳醇なコク、豊かな甘みを味わえる。

「12月3日のホーリャイ」と「7月20日の水しぶき」の原材料は米糠、麦芽、ホップ、炭酸ガス。アルコール度数は5%。330ml瓶で660円(税込)。「8月14日のこぉらしょっ」の原材料は米糠、麦芽、酒粕、ホップ、炭酸ガス。アルコール度数は6%。330ml瓶で682円(税込)

【ブランドページ】Fest365

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

よなよなの里