ヤッホーブルーイング、バレルエイジで製造した「バレルフカミダス Batch No.55」を数量限定で発売

バレルフカミダス Batch No.55

ヤッホーブルーイングは2月25日、木樽で熟成させるバレルエイジという技法で製造した「バレルフカミダス Batch No.55」を2,200本の数量限定で発売します。国内外合わせて3種類の木樽で熟成させたビールをブレンドしています。

同商品は、モルトウイスキー・グレーンウイスキーの熟成に使われていた木樽と、海外でウイスキー造りに使用されていたスモーキーな香りが特徴の木樽、国内外あわせた個性の異なる3種類の木樽で3か月間熟成させたビールをブレンドしたものです。そのため、ウッディな香りやダークチョコのような甘味、カラメル感などが幾重にも重なる複雑な味わいに仕上がっています。ビアスタイルはバレルエイジドバーレイワイン。じっくりと味わいたくなる一品です。

「バレルフカミダス」シリーズは、木樽とビールの一期一会がコンセプト。2013年から製造しており、今回でシリーズ26作目となります。2020年発売の「バレルフカミダス バーレイワイン B-52」は約1,500本が10日で完売しました。

原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、オーツ麦。アルコール度数は11%。375ml瓶で希望小売価格は1,430円(税込)。1人2本まで、ヤッホーブルーイング公式通販サイトよなよなの里本店で購入できます。

【販売ページ】ヤッホーブルーイング公式通販サイトよなよなの里本店
【関連ページ】ヤッホーブルーイング

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






バレルフカミダス Batch No.55