ヤッホーブルーイング「軽井沢高原ビール 2021年限定」を軽井沢エリア限定で発売

軽井沢高原ビール 2021年限定

ヤッホーブルーイングは2月5日、クラフトビール「軽井沢高原ビール 2021年限定」を軽井沢エリア限定で発売しました。

同商品のビアスタイルは、昨年に引き続き低アルコールで爽快な飲み口のセッションIPAです。昨年までと違い、香りづけに使うホップの種類を変更したことから、トロピカルフルーツのような香りに加え、白桃のような香りを感じられるようになりました。ほどよい酸味のあるドライな味わいと後残りのないクリーンな苦味による爽快さが特徴です。

1997年から23年にわたり販売を続けている軽井沢高原ビールは、軽井沢産の農作物を原材料とし毎年異なるビアスタイルで提供されています。また、軽井沢の自然保護団体と文化遺産保護団体に収益の一部が寄付されているほか、肥料となる麦芽粕を近隣農家に提供するなどの取り組みを行っており、軽井沢に愛されるビールを目標としています。

原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、軽井沢産小麦(ゆめかおり)、アルコール度数は4.5%。350ml缶で希望小売価格は315円(税抜)。軽井沢エリア内スーパー、コンビニ、お土産店、公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」などで購入できます。

【関連ページ】ヤッホーブルーイング

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






軽井沢高原ビール 2021年限定