横浜ビール、霧笛楼とのコラボビール「横浜元町カカオビール」を発売

横浜ビールは12月15日、横浜元町の老舗フレンチレストラン・霧笛楼とのコラボビール「横浜カカオビール」を発売しました。「クリオロ種」のカカオを使用したクーベルチュールを贅沢に投入した季節限定チョコレートビールです。

味の決め手はチョコレートの原料となるカカオ豆。とりわけ「クリオロ種」は苦みが少なくまろやかな味わいが特徴の品種で、生産量の少ない希少なカカオと言われています。深い香りとまろやかなカカオの余韻を楽しめます。苦味の中に上質なカカオを感じる仕上がりとなっています。上品なビールですね。ロースト、燻製した肉料理、温かい煮込み料理のほか、ホイップクリーム、ショコラ、ナッツ、ドライフルーツといったデザートとの相性のよさを楽しむことができます。

霧笛楼は、横浜元町にある1981年開業のフレンチレストラン。地産地消を大切に、伝統的なフランス料理を霧笛楼オリジナルの横浜スタイルにアレンジしています。

原材料は麦芽、ホップ、チョコレート。アルコール度数は5.5%でIBUは38。330ml瓶で660円(税込)。横浜ビールオンラインショップ、霧笛楼通販ショップほかで購入できます。

【参照ページ】横浜元町の老舗フレンチレストラン「霧笛楼」と「横浜ビール」のコラボレーションにより誕生したプレミアム感のあるチョコレートエール(ロブストポーター)が今年もついに発売です! | 横浜ビール
【販売ページ】横浜ビール公式オンラインショップ
【関連ページ】横浜ビール

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる