ヤッホーブルーイング「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」4月13日オープン

東京・新宿駅東口から徒歩5分、西武新宿駅から徒歩1分のエリアに「YONA YONA BEER WORKS」の歌舞伎町店がオープンします。

「YONA YONA BEER WORKS」は、ヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができる公式ビアバル・ビアレストランです。2013年10月17日赤坂見附に1号店をオープンし、神田、青山、吉祥寺、新宿、恵比寿店を展開しており、今回の歌舞伎町店が7店舗目となります。

代表ブランドである「よなよなエール」をはじめ「インドの青鬼」「東京ブラック」「水曜日のネコ」「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビールを10種類以上楽しむことができます。また、シーズンごとにここだけでしか味わえない限定醸造ビールもご用意します。

歌舞伎町店での内装のシンボルは、12本のビールタップを囲む「木の年輪」をイメージした雲形のカウンター席。店内に暖かい雰囲気を醸し出し、スタッフと対面しながら楽しめるビアバルらしいワクワクする空間を創り出しています。

YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店

フードメニューは、同店で提供するクラフトビールとの相性とオリジナリティにこだわっています。看板商品は、ジューシーな福島県産伊達鶏のローストチキン。外はパリッと、中はジューシーなテイストに仕上げています。また、羊腸に粗挽きの豚肉をたっぷり詰め、調理法にもこだわった15種類以上のオリジナルソーセージもオススメです。

また歌舞伎町店では、アジアを代表する繁華街とあって世界から集まるお客様も多いため、13か国語に対応できるiPadメニューも用意しています。

東京を代表するエンターテイメント・エリアとして変貌を遂げる「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」。よなよなエール好きのビール愛好家はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【公式ページ】YONA YONA BEER WORKS
【関連ページ】ヤッホーブルーイング

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」