TAG 埼玉県にあるクラフトビールブルワリー

ブルワリー

川口ブルワリー

川口ブルワリーは、埼玉県川口市にあるブルーパブです。地産地消・埼玉県産の食材・材料にこだわっています。フルーティで飲みやすい味わいの「川口御成道(おなりみち)エール」、やさしい口当たりと余韻にホップの苦味と香りを感じられる「荒川サンセットIPA」、小麦の甘味とさわやかな飲み口が特徴の「White Lily ヴァイツウェン」の3種類を製造しています。

ブルワリー

発泡酒 武蔵野

越生ブリュワリーは、埼玉県入間で麻原酒造が営んでいるブルワリーです。地ビールだけでなく、地酒や地ワインなども醸造。マンダリーナバーバリアというドイツホップを使用した、柑橘系の風味としっかりとした苦味が特徴の「武蔵野ビール マンダリンエール」や、地元埼玉西武ライオンズラベルが特徴的な「ライオンズビール」、フルーティーさとコクが調和したすっきりとした味わいの「高麗ビール」の3種を製造。併設の店舗では、試飲もできます。

ブルワリー

氷川の杜

氷川ブリュワリーは、さいたま市初のクラフトビール「氷川の杜」を製造しています。神社の幽玄な雰囲気をイメージした「アンバーエール」や、神社と周囲の活気ある街をイメージした「ゴールデンエール」など、地域の守り神である氷川神社からヒントを得て開発。醸造所は氷川神社近くにあり、直結のビアパブでできたてをそのまま味わえます。地元の農作物を取り入れたり、地元企業とのコラボレーションを積極的に行うことで、地域全体の絆を大切にしています。

ブルワリー

こぶし花ビール

羽生ブルワリーは、埼玉県北部、羽生市にある「農林公園キヤッセ羽生」の中にある地ビール工房です。麦の酒らしさにこだわり麦芽100%で製法された「こぶし花ビール」。欧州の伝統的な製法をベースに日本の風土と食文化を意識して造られた「ラガー・シリーズ(ピルスナー・メルツェン・ボックビール)」や、リッチでマイルドな味わい指向の「エール・シリーズ」を製造。エールシリーズには、IPAやベルギーホワイトなどを取り揃えています。

ブルワリー

小川地ビール

麦雑穀工房マイクロブルワリーは、埼玉県小川町にあるブルワリーです。「より環境にやさしく、より健康によく、より美味しいビールをつくりたい」そのため地産地消を柱に、工房施設や農場施設には中古資材や廃材を有効活用して製造。化学物質を使用しない自然力栽培、有機栽培の原料を使用して、自給100%を目指しています。雑穀Weizen、おがわPorterなどの通年ビールから、ブルーベリーAleなど限定醸造ビールを醸造しています。

ブルワリー

COEDO

COEDOは、埼玉県の小江戸、川越にて世界最高水準のビールを醸しています。1996年、川越の大地で育まれたさつま芋のビールを醸造することに成功し、そこからドイツのブラウマイスターを招き、完成しました。シリーズは、ピルスナータイプの「瑠璃」、オリジナルレシピによってつくられた「伽羅」、ヴァイツェンタイプの「白」、シュバルツという濃厚なタイプの「漆黒」、川越で栽培されているさつま芋を使用したエールタイプ「紅赤」の5タイプを製造しています。