グランドキリンシリーズ、待望の新作!「ひこうき雲と私 レモン篇」試飲レビュー

ひこうき雲と私 レモン篇 缶とグラス
ひこうき雲と私 レモン篇 缶

キリンビール株式会社は「グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇」(以下、「ひこうき雲と私 レモン篇」)を4月17日より全国コンビニエンスストアにて期間限定で販売しています。

味わいやコンセプトだけでなく、遊び心あふれるパッケージにも注目が集まるグランドキリンシリーズ。今回は、柔らかなタッチで描かれた空が印象的なパッケージ。雲に隠れたレモンや青空をかけるキリンが描かれており、ビールを飲む前からワクワクした気持ちを高めてくれます!

昨年発売された「グランドキリン ひこうき雲と私」との違い

ひこうき雲と私 レモン篇 ビン

「グランドキリン ひこうき雲と私」は昨年2017年4月18日、酒税法改正前に発売されました。

ホップとベルジャン酵母由来の香りが掛け合わさった、みずみずしいオレンジの果皮を思わせる、爽やかな味わいの無濾過ビールでした。

一方、今回発売された「ひこうき雲と私 レモン篇」は、酒税法が改正されビールの定義拡大後の商品。

レモンピール(皮)を使用した柑橘の風味と、爽やかな余韻を楽しめるレモンビールです。

レモンピールの実力に脱帽…

 ひこうき雲と私 レモン篇 缶

パッケージを見てみると、「ぜひ、グラスで!」とのことなので、皆さんもグラスを用意して楽しんでください。

さっそく試飲してみます。

プシュッとプルタブを開けてみると、わずかに柑橘香が漂い、グラスに注ぎ始めると柑橘香はさらに強く感じられます。これは期待大。

明るい黄色がグラスに広がりました。

ひこうき雲と私 レモン篇 缶とグラス

一口飲んでみると期待通り、レモンのみずみずしい香りで口の中が満たされます。

苦み、酸味はやわらかく、甘さを感じます。

喉を通った後に舌に残る余韻がとってもさわやか!

晴れた日の昼下がり、パッケージのようなひこうき雲を探しながら飲むのもいいですね。

限定に弱いみなさん

連れて帰りたくなるパッケージと、爽快感あふれる味わいの「ひこうき雲と私 レモン篇」、コンビニエンスストアにて期間限定での発売です。

売り切れる前にぜひ飲んでみてくださいね!!

「グランドキリン ひこうき雲と私 レモン」商品概要

  1. 発売日 2018年4月17日(火)
  2. 販売場所 全国のコンビニエンスストア ※一部取り扱いのないチェーン・店舗あり
  3. 容量 350ml(缶)
  4. 価格 オープン価格
  5. アルコール度数 5.5%
  6. 酒税法上の区分 ビール
  7. 原材料 麦芽・ホップ・レモンピール

【参照ページ】「グランドキリン ひこうき雲と私 レモン篇」、「グランドキリン 雨のち太陽、ベルジャンの白」を期間限定で新発売

The following two tabs change content below.
shoco

shoco

ビールを美味しそうに飲む姿に定評のある平日保育士。アサヒスーパードライと同い年で、初めて飲んだビールもアサヒスーパードライ。25歳の時にクラフトビールの多様性に魅了されて以降、クラフトビールが多くの人の生活に浸透するよう日々活動している。インスタグラム(https://instagram.com/shocorata/)ではビールのある日常を投稿中。






ひこうき雲と私 レモン篇 缶とグラス