ツナとパクチーとココナッツのエスニックなおつまみで家飲み!サステナブルな魚のレシピ

マスフニのピタパンサンド

ビール好きの皆さん、最近お魚を食べていますか? ビールのおつまみとしてお肉を選ぶ方も多いかもしれませんが、たまには魚をおつまみにしてみませんか。

今回は、サステナブルな漁業を推進するMSC(海洋管理協議会)が展開しているキャンペーンで世界の有名シェフが公開した、お魚を使ったオリジナルレシピから一品試作し、そのメニューに合うビールを選んでみました。ツナを使ったエスニックなサンドイッチに、アジアの濃厚な味わいのビールを合わせます!

世界の有名シェフが考案した「サステナブルなブルーレシピ」

魚の数が減り、水産資源の枯渇が叫ばれる中、水産資源と環境に配慮した持続可能な漁業の普及に取り組む国際的な非営利団体MSCは、水産資源のサステナビリティに高い関心を持つ世界の有名シェフたちが考案した「サステナブルなブルーレシピ」を公開しました。このプログラムは水産物を購入する際のサステナブルな選択について考えることを促すグローバルなキャンペーンで、MSCが活動する世界21カ国で展開されています。

モルディブ料理「マスフニ」のピタパンサンド

モルディブ料理「マスフニ」のピタパンサンド

日本のキャンペーンサイトでは4種類のレシピが公開されていますが、今回はビールのおつまみとして、オランダのシェフ、作家のバート・ファン・オルフェンさんによるオリジナルレシピ「MSC認証のツナ缶を使ったモルディブ料理『マスフニ』のピタパンサンド」を作ってみました。

エスニックな味わい!「マスフニ」のピタパンサンド

「マスフニ」のピタパンサンドは、ココナッツやパクチーがたっぷり入ったエスニックな一品。ビールによく合うレシピです。早速作ってみましょう。

使用するツナは、MSC「海のエコラベル」のあるものを入手。このラベルがついたアイテムは環境や水産資源に配慮し、持続可能で適切に管理された漁業を通じて獲られた水産物としてMSC認証を取得している商品です。

MSC「海のエコラベル」のあるツナを入手

MSC「海のエコラベル」のあるツナを入手

材料(2人分)

紫玉ねぎ:小1個(みじん切り)
赤唐辛子:1本(種を取ってみじん切り)
ライム:2個(1個は絞り、もう1個はくし切り)
塩:小さじ1/2
ココナッツフレーク:90g
ココナッツミルク:大さじ2杯(ココナッツフレークを浸す)
コリアンダー(パクチー):1/2束(みじん切り)

MSC「海のエコラベル」付きツナ:320g(水気を切る)
ピタパン:4枚(開く)
レタス:2、3枚

調理風景、素材を切って混ぜるだけ

素材を切って混ぜるだけ

調理は簡単。素材を切って混ぜるだけです。ボウルに紫玉ねぎ、唐辛子、ライム果汁、塩を入れてよく混ぜ、ココナッツミルクに浸したココナッツフレーク、コリアンダー(パクチー)、水切りしたツナを加えてさらに混ぜたら「マスフニ」の完成。焼いたピタパンに「マスフニ」とレタスをはさみます。

詳しい作り方は、「サステナブルなブルーレシピ」サイトに動画付きで解説されていますので参照してください。

調理はシンプルですが、素材を手に入れるのがなかなか難しいかも。ココナッツフレークは、店舗によっては100円ショップの製菓材料コーナーで売っている事もあります。ピタパンが手に入らなかったらハード系のパンで代用してもいいかもしれません。パクチーが好きな方は、レタスの代わりにさらにパクチーをはさむのもおすすめ。

「マスフニ」のピタパンサンドに合わせてビールをセレクト

「マスフニ」のピタパンサンドと一緒に飲むビールをセレクトしてみましょう。「マスフニ」はモルディブの料理。インド洋に浮かぶ島国・モルディブはイスラム教徒の多い国で基本的にアルコールが飲めないのでビールはあまり流通していませんが、観光地では提供しているお店もあるようです。提供されているビールの中には、モルディブの南西に位置するスリランカ産のものも。

スリランカ、ライオンブルワリーの「ライオンスタウト」

スリランカ、ライオンブルワリーの「ライオンスタウト」

そこで、スリランカの代表的なビールを選んでみました。スリランカのライオンブルワリーが醸造している「ライオンスタウト」は、コーヒーやチョコレートのような風味とカラメルのほろ苦さを感じる、濃厚で深いコクのあるクリーミーなスタウト。「マスフニ」のココナッツの味わいやパクチーの香りに良く合います。

ビールとピタパンサンドイッチ

ツナの缶詰めやパウチは日常的に使っている方も多いと思いますが、ココナッツと合わせるレシピを試したことのない方はぜひトライしてみてください。ツナを選ぶとき、MSC「海のエコラベル」があるかどうかちょっと気にしてみましょう。

「ライオンスタウト」は、輸入食材のショップ「カルディコーヒーファーム」で扱っていることもあります(品ぞろえや在庫は店舗によって異なります)。輸入クラフトビールとしてはお値段もお手頃。スタウトが好きな方は一度飲んでみて欲しいビールです。

MSC「海のエコラベル」って何?

MSC(海洋管理協議会)は、将来の世代まで水産資源を残していくために、認証制度と「海のエコラベル」を通じて、持続可能で適切に管理された漁業の普及に努める国際非営利団体です。「海のエコラベル」とは、MSCの厳格な規格に適合した漁業で獲られた水産物にのみ認められる証。

MSCの認証マーク「海のエコラベル」

MSC「海のエコラベル」

持続可能で適切に管理された漁業のためのMSC漁業認証規格は、世界で広く認知されており、最新かつ確実な科学的根拠に基づき策定されたものです。漁業がこの規格を満たすためには、(1)水産資源が持続可能なレベルにあり、(2)漁業による環境への負荷が抑えられており、(3)長期的な持続可能性を確実なものにする管理システムが機能していることを、独立した審査機関による審査を通じて実証することが求められます。

MSC「海のエコラベル」の付いた水産品は世界約100カ国で45000品目以上、日本では約900品目が承認・登録されており、イオングループ、生協・コープ、セブン&アイグループ、西友、マクドナルドなどで販売されています。スーパーやコンビニなどで、この「海のエコラベル」が付いた商品を探してみてください。

【参照サイト】世界の有名シェフたちによるMSC認証水産物を使った「サステナブルなブルーレシピ」キャンペーンを開催
【関連サイト】サステナブルなブルーレシピ
【関連サイト】MSCウェブサイト

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる






マスフニのピタパンサンド