ブルワリーガーデン修善寺で「ベアードビール収穫祭 Harvest Fest 2020」を開催

ベアードビール収穫祭 Harvest Fest 2020

静岡県にあるベアードブルーイングは10月30日から11月3日まで、ブルワリーガーデン修善寺にて「ベアードビール収穫祭 Harvest Fest 2020」を開催します。ベアードブルーイングは、2000年にベアード・ブライアンとさゆり夫婦が沼津で設立した家族経営のビールブランドです。

今年の収穫祭では、ライブや仮装イベントのほか、毎年恒例のシーズナルビール「カボチャエール」のリリース・お披露目、イベント限定のフレッシュホップを使ったビールの提供、そして伊豆半島のブルワリー4社合同企画の”IZU BEER UNITED”によるビールリリース記念イベントを開催します。楽しそう企画が目白押しでワクワクするイベントですね。

10月30日は前夜祭と称し、全てのビールを静岡県民限定で一杯300円にて提供(県外の人には、静岡県に来てくれてありがとう割引として一杯400円で提供)。10月31日は「カボチャエール」のお披露目やライブ、仮装イベントを行います。11月1日は伊豆半島にある4つのブルワリー(沼津クラフト、反射炉ビア、べアードブルーイング、リパブリュー)合同企画である、”IZU BEER UNITED”によるビールリリース記念イベントを開催。4社合わせて合計8種類のビールが集まり、4社が参加するトークイベントも行います。

11月2日は飲み放題イベント「“アキ樽祭” Harvest Keg Fest」を開催。完全予約制で4時間3,000円(税込)。このほかにBBタンブラーが必要です。最終日の11月3日はゆるく営業します。

10月30日はブルワリーガーデン修善寺タップルームで17時から21時まで。10月31日から11月2日まではOUTPOST(キャンプ場)が12時から21時までで、ブルワリーガーデン修善寺タップルームが11時から21時まで。11月3日はOUTPOST(キャンプ場)が12時から17時までで、ブルワリーガーデン修善寺タップルームが11時から17時まで開催します。

【関連ページ】BAIRD BREWING
【関連ページ】反射炉ビヤ
【関連ページ】REPUBREW

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






ベアードビール収穫祭 Harvest Fest 2020