COEDO、作家の村上春樹氏がDJを務める「村上RADIO」とのコラボビール2種を発売

風歌-Kazeuta-

COEDOは10月1日、作家の村上春樹氏がDJを務めるTOKYOFMの音楽番組「村上RADIO」とのコラボレーションビール「風歌-Kazeuta-」と「闇黒-Yamikuro-」の予約販売を開始した。「風歌-Kazeuta-」は15日より、「闇黒-Yamikuro-」は22日より順次発送される。

今回のコラボレーションビールは、実際に村上氏がCOEDOのさまざまな味わいのビールをテイスティングしたうえで方向性を決め、COEDOのビール職人がオリジナルのレシピで醸造した。

闇黒-Yamikuro-

ゴールデンエールスタイルの「風歌-Kazeuta-」は村上氏の小説「風の歌を聴け」から名付けられた。モルト由来のコクと甘味にフローラルや柑橘、松やヒノキのようなフレッシュなホップアロマが軽く感じられ、すっきりとした飲み口となっている。

ポータースタイルの「闇黒-Yamikuro-」は、村上作品の一つである「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」に登場するキャラクター「やみくろ」から名付けられた。複数のモルトをブレンドし、カカオやコーヒーをほうふつとさせる香ばしいモルトのコクが感じられ、ホップアロマがほのかに香る。

「風歌-Kazeuta-」の原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5%でIBUは16.9。333ml瓶で希望小売価格は398円(税抜)。「闇黒-Yamikuro-」の原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5%でIBUは25.9。333ml瓶で希望小売価格は398円(税抜)。COEDO公式ONLINE SHOPのほかCOEDOKIOSK、全国の酒販店にて販売を予定している。

【販売ページ】COEDO公式ONLINE SHOP
【関連ページ】COEDO

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






風歌-Kazeuta-