サンクトガーレン、ジューシーなビール「パイナップルエール」を夏季限定発売

サンクトガーレンは4月23日、ゴールデンパイン600kgを使用したフルーツビール「パイナップルエール」を発売します。9月末までの夏季限定での販売です。

パイナップルエール

同商品では、ゴールデンパインをビールが発酵する前の麦汁(ばくじゅう)に投入。果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、泡までもジューシーなパイナップル風味を感じることが出来るフルーツエールスタイルのビールとなりました。

ベースのビールは、ブリュット(辛口)のシャンパンからインスピレーションを受けた新しいビアスタイルのBrut IPA(ブリュットアイピーエー)。強いホップフレーバーをもちながらも、ドライで苦味も軽やかなので、パイナップルのジューシーさを引き立てています。

原材料は麦芽とホップで、副原料がパイナップル。IBUは21でアルコール度数は5.0%。内容量は330mlで希望小売価格は460円(税別)。販売場所はサンクトガーレン公式オンラインショップ、日本橋髙島屋、小田急百貨店新宿店ハルクフードほか。

【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる