スプリングバレーブルワリー、「Tap Marché(タップ・マルシェ)」で「MURAKAMI SEVEN IPA」を通年発売開始

MURAKAMI SEVEN IPA

スプリングバレーブルワリーは6月22日、日本産ホップ「MURAKAMI SEVEN」を使用した「MURAKAMI SEVEN IPA」をキリンビールが展開する「Tap Marché(タップ・マルシェ)」で全国発売することになりました。また6月18日より、スプリングバレーブルワリー東京、横浜、京都の店舗と、キリンオンラインショップ「DRINX」でも販売を開始します。

同商品は、希少なホップ「MURAKAMI SEVEN」由来のいちじくやミカンを感じさせる香りと心地よい苦味が感じられる一品。2019年7月に数量限定で発売したところ、好評だったので、今年から「Tap Marché(タップ・マルシェ)」で通年発売することになりました。

キリンビールは100年以上前にホップの国内試験栽培を開始し、日本産ホップ育成の取り組みを進めています。「MURAKAMI SEVEN IPA」は、キリンの“ホップ博士”こと村上敦司氏が育種しています。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5.5%。DRINXでは、330mlびん×6本セットで3,432円(税込)、MURAKAMI SEVEN IPA飲み比べセットで4,796円(税込)。スプリングバレーブルワリー東京、横浜、京都ではレギュラーサイズ(360ml)で1杯1,180円(税込)。

【関連ページ】スプリングバレーブルワリー

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






MURAKAMI SEVEN IPA