奥多摩VERTEREクリスマス限定ビール発売!デザートのようなスタウトと爽やかなサワー

東京の西端、奥多摩に醸造所を構えるVERTERE(バテレ)が、クリスマス限定ビール2種をリリースしました。

VERTEREのクリスマス限定ビール

VERTEREのパッケージデザインはいつも印象的。今回の限定ビールもスタイリッシュ

VERTEREは「誰と、どこで、どうやって飲むか」をキーワードに、自然豊かで、きれいな空気と水がある奥多摩を拠点としてスタートしました。2015年にビアカフェを開業し、2016年からは自社醸造を開始しています。

目指しているビールは“飲んだ人の価値観を変えるビール”。 少量生産で、さまざまなスタイルのビールを作っています。その味わいはもちろんのこと、缶のリリースが始まってからはパッケージのデザインにも注目が集まっています。

クリスマス限定ビール

2020年、VERTEREがリリースしたクリスマス限定ビールは2種類
写真提供/VERTERE

そんなVERTEREが2020年に発売するクリスマス限定ビールは、「Christmas Stout」(クリスマススタウト)と「Christmas Sour」(クリスマスサワー)の2種。

VERTEREの「Christmas Stout」

VERTEREの「Christmas Stout」 写真提供/VERTERE

「Christmas Stout」は、ドイツ発祥のクリスマスのお菓子・シュトーレンをイメージしたビール。黒蜜、レーズンペースト、オレンジピール、バニラビーンズ、シナモンを使用し、しっかりしたボディの上にドライフルーツとスパイスの風味が加わって、まさにスイーツのような味わい。クリスマスケーキの代わりに、食後のデザートとして飲むのもおすすめ。アルコール度数は10%、苦みを示すIBUは15です。

VERTEREの「Christmas Sour」

VERTEREの「Christmas Sour」 写真提供:VERTERE

「Christmas Sour」は、りんご果汁、アニス、ローズマリーを使用したサワーエール。爽やかでまろやかな酸味がしっかりと感じられ、りんごとハーブが香るとてもジューシーな1本。食事にも合わせやすく、ビールが好きではないという方にもぜひ試していただきたい味わいです。アルコール度数は6%、IBUは0です。

全く違うスタイルの2本。2本とも入手して、じっくり飲み比べてみるのも楽しいですね。パッケージも洗練されていて、置いてあるだけでクリスマスの食事の席が華やかになりそう。人気ブルワリーの限定醸造ビールですので、購入はお早めに。

【関連サイト】VERTERE

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる