TAG 富山県にあるクラフトビールブルワリー

ブルワリー

城端麦酒

城端麦酒(じょうはなびーる)は、越中の小京都と呼ばれている、富山県南砺市城端町にあるビール工場です。城端町の町興し事業として4年の準備期間を経て、2001年5月に酒類等製造免許(発泡酒)を取得し、地ビールの醸造を開始。同年7月から販売を開始しました。地元のミネラルを豊富に含んだ美味しい天然水を仕込み水として使用し、イギリス産の麦芽を使った麦100%の発泡酒を造っています。はやまエールや、曳山ブラック、アールグレイなどの個性的なビールを展開しています。

ブルワリー

宇奈月ビール

宇奈月ビールは、富山県宇奈月町にある「宇奈月麦酒館」で造られているビールです。標高3,000メートル級の山々から流れ落ちる黒部川の名水と、地元宇奈月の大地の恵みをふんだんに受けた黒部産二条麦を原料とし、一般のビールにはない酵母を活かして造られています。 醸造は、本場ドイツからブラウマイスターを招き、伝統の技術を持って生産。種類は、キレのある十字峡(ケルシュ)、フルーティなトロッコ(アルト)、芳醇なカモシカ(ボック)の3タイプを用意。また、トロッコとカモシカをハーフ&ハーフでいただくこともできます。

ブルワリー

立山エール

立山エールは、富山県滑川市にある酒造会社で造られているビールです。平成9年3月14日、富山県内で初めて発泡酒の製造免許を取得し誕生。原料には、モルトエキストラクトいう麦芽と大麦を糖化して作られた濃縮液とホップを使用しています。フルーティな味わいを楽しめる「ペイルラガー」と、焙煎麦芽の苦味が特徴の「ビター」の2種類を取り揃えています。