フルーティなカカオを味わう、MinimalとT.Y.HARBORのコラボビール第3弾「Cacao Sour Ale」販売中

cacao-sour-ale

チョコレート専門店のMinimalと、T.Y.HARBOR BREWERYのコラボレーションビール第3弾「Cacao Sour Ale」が、一部店舗にて販売中です。

みなさん、カカオを食べたことはありますか?カカオは一般的にチョコレートの原材料に使われますが、カカオの種を包む白い果肉部分は「カカオパルプ」と呼ばれ、ライチやネクターのような甘酸っぱい味がします。

Cacao Sour Aleは、そんなカカオパルプと、カカオ豆を砕いてフレーク状にした「カカオニブ」を使って爽やかに仕上げた夏にぴったりのビールです。酸味が効いたパッション系フルーツの香りやカカオの香ばしさを引きだし、チョコレートの原料であるカカオのフルーツとしての味わいが楽しめます。

cacao-sour-ale-event

7月2日には、東京都渋谷区のT.Y.HARBOR富ヶ谷本店にて、Cacao Sour Aleの発表会が行われました。

会場ではビールとあわせて、Cacao Sour Aleの材料になったカカオパルプやカカオニブ、ホップやモルトが食べられるコーナーも用意され、T.Y.HARBORのブルーマスター阿部氏による商品開発にまつわるトークも行われました。

実際にCacao Sour Aleを飲んだ方々は、チョコレート以外のカカオの使い方と、フルーティな味わいに驚き、そして「サワーエールだけどまろやかなパッション感があるから夏に最高」との声が挙がりました。

また、7月20日(金)には、Minimal富ヶ谷本店にてCacao Sour Aleが楽しめるイベントが開催されます。予約ページより申し込みができます。

Cacao Sour Aleは、T.Y.HARBOR BREWERY富ヶ谷本店、Minimal富ヶ谷本店、T.Y.HARBOR天王洲店、SMOKEHOUSE原宿店で数量限定で販売され、いずれもなくなり次第終了となります。フルーツとしてのカカオが楽しめる珍しいクラフトビールで、夏の到来を感じてみてはいかがでしょうか。

【イベント申し込みページ】003_MINIMAL’S TABLE with T.Y.HARBOR @富ヶ谷本店
【参照ページ】新商品「Cacao Sour Ale」の発表会をT.Y.HARBORで開催しました。 | JOURNAL
【関連ページ】T.Y. HARBOR BREWERY

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。






cacao-sour-ale