富士桜高原麦酒、ライ麦芽を使用した「夢幻」を発売開始

fujizakura-mugen

富士観光開発株式会社が醸造・販売する地ビール「富士桜高原麦酒」より、限定ビール「夢幻(ムゲン)」が2月9日に発売されました。

夢幻は昨年3月に、富士桜高原麦酒が初めて「ライモルト(ライ麦の麦芽)」に挑戦したビールです。ライモルトを使うことで、ライトでミントのような爽快感と、上面発酵とモルト由来のさわやかな酸味を味わうことができます。アルコール度数は5.0%で、330mlの瓶を1本460円(税別)で購入することができます。

名前の由来は、ドイツ語でライ麦を意味する「ロッゲン」が元になっており、富士桜高原麦酒の本格的なドイツスタイルへのこだわりが表れています。実際に夢幻は、昨年6月に開催された「アジア・ビアカップ2017」において初出場にして銀賞を獲得しています。

広大な大空と麦畑をイメージして作られたという夢幻は、緑が印象的なラベルデザインからも一面の麦畑を連想することができます。雪どけの近いこの季節にぜひストックしておきたいビールです。

【商品ページ】<富士桜高原麦酒(ふじざくらこうげんビール)> 限定醸造ビール「夢幻(むげん)(330mlボトル)」4本セット

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。






fujizakura-mugen