シンガポール発!売れ残りのパンを使ったクラフトビール「CRUST」発売へ

CRUST
CRUST

余剰食材を使ったアルコール・ノンアルコール飲料の製造・販売を行う株式会社CRUST JAPANは、廃棄パンなどの余剰食材を原料とするクラフトビールの販売を開始します。

世界の食品ロスは年間13億トン。そのうち廃棄されたパンの量は年間90万トンにもなると言われています。

この余剰生産されたパンに注目したのがシンガポールのTravin Singh氏。シンガポールのカフェやベーカリーから、売れ残りのパンや生産過程で発生したパン屑を回収してビール製造を開始し、2019年4月にビールブランド「CRUST」を創設しました。

そして2019年9月のリリースからわずか1年で344kgの廃棄パン削減を達成、5,982リットルのビールを販売しました。Travin Singh氏はこの活動をシンガポール国内だけでなくアジア全域に広めていきたいと考え、2020年に株式会社CRUST JAPANを開業。クラフトビール「CRUST」を日本でリリースすることになりました。ビールの販売開始時期は12月末~2021年1月を予定しています。

CRUST 日本

本社のあるシンガポールでは、廃棄されるフルーツを使ったビールも販売しており、「CRUST」はアジアならではの余剰食材を使った独自のビール開発・研究を進めています。Travin Singh氏は「地元の食材を使って、地元の人に喜んでもらえるオリジナル溢れるビールを作っていきたい」と語り、今後の日本での展開が期待されます。

【公式ページ】CRUST

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる






CRUST