富士桜高原麦酒、季節限定ビール「ゆずヴァイツェン」を再醸造して販売

富士桜高原麦酒は1月5日、山梨県富士川町産のゆずを漬け込んで作られたクラフトビール「ゆずヴァイツェン」の販売を開始しました。好評につき、再醸造での登場です。

「ゆずヴァイツェン」は同社2021年第1弾となる季節限定ビールです。ゆずに加えてホップにはシトラホップを使用しています。ゆずとシトラの香りの相乗効果により柑橘系の香りと苦みがさらに引き立ち、フレッシュでさわやかなフルーツビールとなっています。また、「WORLD BEER AWARD2020(ワールドビアアワード2020)」にてワールドベストフレーバー・フルーツ&ベジタブルを受賞しています。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5.0%でIBUは20。330ml瓶で希望小売価格480円(税別)。富士桜高原麦酒公式オンラインショップほかで購入できます。

【参照ページ】【季節限定ビール】山梨県産の柚子を使ったフルーティーなクラフトビール「ゆずヴァイツェン」好評につき再醸造! | 富士桜高原麦酒
【購入ページ】富士桜高原麦酒公式オンラインショップ
【関連ページ】富士桜高原麦酒

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる