限定醸造「Far Yeast ホップ香る東京ホワイト」成城石井限定で販売中

Far Yeast Brewingはクラフトビールブランド「FarYeast」の限定醸造「Far Yeast ホップ香る東京ホワイト」を、スーパーマーケット「成城石井」限定で、6月9日より販売しています。

同商品は、同社の定番商品である「Far Yeast 東京ホワイト」のレシピをベースとし、香りづけのホップに「エルドラド」を使用しています。従来のドライでシャープな飲み口をそのままに、ホップ由来の洋ナシや桃を思わせる香りを加えたことで、スッキリと後味のよい爽やかなホワイトエールとなっています。

同社は、ホップ由来の華やかな香りを存分に楽しめるよう、グラスに注いで飲むことを推奨しています。また、ワイングラスのような脚付きのグラスを使用することで、アロマのフレーバーをより感じることができます。

「Far Yeast ホップ香る東京ホワイト」のビアスタイルはセゾン。原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、小麦、ホップ、糖類。アルコール度は5.0%、IBUは20です。価格は599円(税別)で、ボトルのみの展開予定です。

【参照ページ】限定醸造「Far Yeast ホップ香る東京ホワイト」を成城石井限定で発売 « Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。