サンクトガーレン、異常気象が生んだ“訳あり”の梨をビールに活用!「和梨のヴァイツェン」発売

国内外のコンテストで数々の受賞歴を誇るブルワリー、サンクトガーレンは、国産の梨をたっぷり贅沢に使ったフルーツビール「和梨のヴァイツェン」をリリース。2020年10月15日から直営オンラインショップなどで販売されます。

2020年の夏は長雨や日照不足が続きました。異常気象によって梨の栽培は打撃を受け、果実の一部に蜜がたまり見た目を損なう“蜜症”の梨が大量発生。表面に傷がついたり形がいびつな果実も増え、農家は、味にはまったく問題がないにもかかわらず市場に出荷できない“訳あり梨”の在庫を抱えていました。

サンクトガーレンは、醸造所を構える地元・神奈川県小田原市と新潟県加茂市の梨農家からSOSを受け、2県から約350kgの梨を買い取って「和梨のヴァイツェン」の醸造に乗り出しました。

ビールは小麦麦芽を主原料としたヴァイツェンがベース。梨の品種は豊水、幸水、菊水、新高など数種を使い、細切れにしたもの、ペーストに加工したもの、ジュースに加工したものを3段階に分けて加えています。苦味は抑え、梨の豊かな香りと瑞々しい風味が堪能できるフルーティーな味わい。これはクラフトビールラバーだけでなく、梨好きの方にとってもたまらない1杯ではないでしょうか。

「和梨のヴァイツェン」は日本の酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため、種別は発泡酒となります(麦芽率は50%以上で税率はビールと同じ)。アルコール度数は5%、ボトルでの数量限定販売です。

サンクトガーレンはこれまでにも、表皮に傷がつくなどして出荷できなくなった“訳ありりんご”を使った「アップルシナモンエール」や、神奈川県特産のオレンジ・湘南ゴールドを皮も実も余すことなく丸ごと使った「湘南ゴールド」など、人気のフルーツビールを醸造してきました。サンクトガーレンのフルーツビールは果物をたっぷり使用し、香料などに頼らず果実本来の香りや味わいを引き出しているのが特徴。訳あり果物の利用は、農家にもブルワリーにも、そして消費者にとってもメリットがあり、フードロスの削減にもつながる取り組みです。

【販売ページ】サンクトガーレン直営ショップ
【参照ページ】サンクトガーレン
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる