22周年を迎えるT.Y.HARBOR BREWERY、2019年春夏の限定ビール販売中

天王洲にて1997年よりクラフトビールを造り続けている「T.Y.HARBOR BREWERY」は、2019年春夏の限定ビールを製造しています。

T.Y.HARBORは、大手メーカーに属さない独立系のビール醸造所として、東京で一番長い歴史を持つブルワリーです。経営は株式会社タイソンズアンドカンパニーが行っており、天王洲の醸造所には休日に行列ができるほど人気のレストラン「T.Y.HARBOR」が隣接しています。レストランでは、おいしい食事とともに出来立てのクラフトビールを楽しむことができます。

ビールは、ペールエール、アンバーエール、ウィートエール、IPA、インペリアルスタウトの5種類が定番。それに加えて、月替わりの「シーズナルブルー」と個性的な「リミテッドブルー」の2種類を展開しています。

シーズナルブルーは、季節の素材を使うなどクラフトビール業界での流行のスタイルを提案しており、リミテッドブルーは少量生産で個性的なビールとなっています。2017年の20周年の時に、従来よりも小型の醸造設備を開設したことにより、リミテッドブルーのような実験的なビールを製造できるようになりました。

これらの個性的なビールは、創業からビールを造り続けるブルーマスターの阿部和永氏を筆頭に、4名のブルワーチームがアイディアを出し合い、自らが担当し仕込む形で手造りしています。

22周年を迎える2019年春夏の限定ビールを紹介します。

シーズナルブルー

3月 さくらドロップ

さくらドロップ

桜の花で香りを付け、ハイビスカスでさくら色を付けたサワースタイルのビール。近年流行の乳酸菌を使用しています。

4月 ヘージービーツIPA

ヘージービーツIPA

ペールエールの3倍ものホップを使用したIPAに、ビーツを加えたベジタブルビール。パワフルな苦みとコク、そして柑橘系の香りが感じられます。

5月

「しば漬け」をイメージさせるビール

東ドイツ(ライプツィヒ)発祥の塩を加えたゴーゼスタイルに、色鮮やかな赤紫蘇を塩漬けした「しば漬け」をイメージさせるビールが登場します。

6月

ドイツ産ホップ・モルト・イーストを使用した、定番のエールビールとは異なる夏にぴったりの「ジャーマンラガー」が登場します。

リミテッドブルー

3月中旬

北海道登別市のビール「鬼伝説」とともに醸造した、ホップの効いたブリュット

4月

ファントムブルワリー「一騎醸造」とともに醸造した、焼酎麹を使用したブリュット

一騎酒造×T.Y.HARBOR BREWERY

一騎酒造×T.Y.HARBOR BREWERY

「ブリュット」とは名前の通りシャンパンのような、非常にドライなビールのことです。他の人気クラフトビール醸造所と天王洲にて共同で仕込む形をとっており、2つの個性が融合された新しいビールを味わうことができます。

5月以降も日本酒酵母を使用したビールや、干しシイタケと鰹節を使用した旨味のあるブラウンビールなどを販売予定です。

どれも個性溢れるビールばかりですね。天王洲の「T.Y.HARBOR」や系列店「SMOKEHOUSE」などに足を運んで、お気に入りの一杯を見つけてください!

【公式ページ】T.Y.HARBOR BREWERY
【関連ページ】T.Y. HARBOR BREWERY | クラフトビールの総合情報サイト My CRAFT BEER

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」

さとふる