「八ヶ岳ビール タッチダウン」シリーズから限定品「ヴァイス(Weiß)」発売

ヴァイス(Weiß)

萌木の村のビール醸造・販売部門である八ヶ岳ブルワリーは3月5日、「八ヶ岳ビール タッチダウン」ブランドから限定醸造ビール「ヴァイス(Weiß)」を全国発売しました。ドイツ語で“白”を意味する「ヴァイス(Weiß)」は、大麦に加えて小麦の麦芽を使用したビールでエールビールに分類されます。

同商品は新鮮酵母を使用し、バナナや白桃を思わせる華やかでフルーティーなエステル香を引き出しています。小麦麦芽に由来するやさしい酸味でなめらかな口当たり。スパイシーな含み香が溶け合いつつもほのかな甘みを感じさせます。また、麦芽に占める小麦の比率を8%に抑えることで、色合いはクリアなゴールドとなっています。

2017年にはビールの国際審査会「インターナショナル・ビアカップ(IBC)」にて、初出品で金賞を受賞した同商品。24の国と地域から554銘柄(内海外262銘柄)が出品したなかで、「南ドイツスタイル・ヘーフェヴァイツェン」(ボトル/缶ビール)部門で初出品初受賞を果たしました。

原材料は麦芽(大麦・小麦)とホップ。アルコール度数は5.0%でIBUは12。仕様は330mlボトルと15L樽。販売場所は「八ヶ岳ビール タッチダウン」公式ECショップとブルワリー併設レストラン「萌木の村 ROCK」です。

【販売ページ】「八ヶ岳ビール タッチダウン」 公式ECショップ
【関連ページ】八ヶ岳地ビールタッチダウン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






ヴァイス(Weiß)