横浜ビール初の缶ビール「横浜ラガー」発売

横浜ラガー

横浜ビールは12月22日、缶ビール「横浜ラガー」を発売します。今年で21年目を迎える同社初となる缶ビールのリリースです。

同商品は同社一番の人気商品です。スッキリとした飲み口でありながら、柑橘を思わせるホップの芳醇な香りと強めの苦みが特長です。モルトから引き出された香ばしさも楽しめます。ラベルには、横浜浮世絵「横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図」をベースにしたスタイリッシュなデザインとなっており、地元・横浜に愛されるビールになるよう、想いが込められています。

また、リリース当日は横浜ビール醸造所併設レストラン「驛(うまや)の食卓」でディナータイムに食事した人にもれなく横浜ビール缶ビール1本がプレゼントされます。ほかにも、購入した横浜ビール缶ビールを写した画像と「#横浜ビール缶ビール見つけた」 のハッシュタグを付けてInstagramかTwitterに投稿すると、抽選100名に横浜ビール6本セット、3名に缶ビールオリジナルTシャツをプレゼントするキャンペーンも行われます。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5%でIBUは45。350ml缶でメーカー希望小売価格は318円(税抜)。同商品は、横浜ビール直営店「驛の食卓」「驛カフェ」、神奈川・神奈川近郊のコンビニエンスストア約800店舗、その他横浜近郊の百貨店、小売店、飲食店で購入できます。

【関連ページ】横浜ビール

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。
横浜ラガー