上面発酵ビール(エール)

上面発酵ビール(エール)

ベルジャンホワイト

麦芽にしていない小麦を使用したベルギーの代表的上面発酵ビールです。ホップ以外にコリアンダーなどで香りづけされているものもあり、フルーティーな爽やかな味わいが特徴です。

ブラウンエール

イギリスのニューカッスル発祥のエールです。アルコール度数がやや低め、苦味も弱く、飲み口が柔らかいことが特徴です。

ペールエール

ペールとは色が薄いという意味で、スタウトに比べると色が薄いことからペールエールと呼ばれています。イングランドの代表的なビールで、硬度の高い硬水と淡色麦芽で醸造されます。ホップが多く、苦味がやや強いのが特徴です。

IPA (インディアンペールエール)

今、最も人気のあるクラフトビールの1つです。18世紀にイギリスの植民地であったインドにビールを海上輸送する上での長期保存を目的に、ホップをふんだんに用いて造られたビールです。そのため、インディアンペールエールと呼ばれています。通常のペールエールに比べると高いアルコール度数とホップによる苦味が特徴です。

バーレーワイン

「Barley Wine」で麦のワインという意味です。麦から造られているためワインではなくビールです。ただ、ワインのようにアルコール度数が高いためにバーレーワインと呼ばれています。

ポーター

18世紀にイギリスで3種類のエールを混ぜて飲みことが流行ってました。その時に一人のロンドンのブルワーが最初から3種類を混ぜたビールを造ったことが発祥です。諸説ありますが、港の荷物運び労働者であるポーターの間で人気となったことからこの名前がついたと言われています。色はほぼ黒で、ロースト風味とホップが強く苦みがあることが特徴です。

スタウト

ポーターがアイルランドに渡り、ギネス社によって強いという意味をもつスタウトをつけた「スタウト・ポーター」として売り出されてことが発祥です。ローストされた大麦で醸造されたほぼ黒色のビールです

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。