下面発酵ビール(ラガー)

主な下面発酵ビールの種類

次に主な下面発酵ビールを紹介します。

ピルスナー

日本で最も飲まれているビールのタイプです。1842年にチェコのピルゼンという町で生まれたピルスナーは、大麦麦芽と軟水で造られます。光輝く黄金色ときめ細やかな白い泡のコントラストに加え、ヒップの苦味とスッキリした喉越しは高温多湿の日本に適したビールとして多くのファンに好まれています。

ちなみに日本の大手ビールメーカーのラガーと呼ばれているビールは、ほぼこのピルスナーです。ラガーとは上面発酵で造られるビールの総称ですが、なぜか日本ではピルスナーはラガーと呼ばれています。スーパードライ、一番搾り、黒ラベルは全てこのピルスナーです。

ドルトムンダー

ドイツのドルトムントで生まれたピルスナータイプのビールです。通常のピルスナーと比べるとホップの香りと苦味はやや抑えめです。

黒ビール

濃色の大麦を使った下面発酵で作られたビールです。シュヴァルツ(ドイツ語で黒ビール)とも呼ばれており、スッキリとした味わいとチョコレートのような甘い香りがあることも特徴である。日本では同じ黒色のスタウトと混同されことがあるが、製法が全く異なる別スタイルのビールです。

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。