大澤 佑介 「大澤 佑介」の記事

店内風景コラム

銀座ソニーパーク内にある「ビールを持ち帰るお店」ってどういうところ!?

銀座にあったソニービルが、2018年8月に「Ginza Sony Park」として生まれ変わり、2020年秋まで期間限定で、公園のような公共的なスペースを公開しています。ソニービルは1966年から2018年の52年の歴史に一旦幕を下ろし、2022年にはこれまで継承してきた公共性の概念を街や人にリズムをもたらす、新しい概念の「新ソニービル」を竣工する予定です。そのGinza Sony Parkの地下4階にオープンした店舗の体験レポートをお届けします。

コラム

「寿司×クラフトビールフェス」がBEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERYで12月8日と9日に開催!

かねてより取材を重ねてまいりました、SPRING VALLEY BREWERYの4店舗目「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」が、面白い試みに挑みます。その名も、「寿司×クラフトビールフェス」!12月8、9日の2日間で開催されるこのフェスは、「BEER TO GO PAIRING LAB.」という取り組みの一つであり、今回でなんと5回目。そのメディア発表会があるということで、参加してきました。今回の内容は、そこではどんな“体験”ができるのかということをお知らせしていきたいと思います!

コラム

ビール純粋令をフルシカト!?ドイツビール界の革命児「CREW Republic(クルーリパブリック)」

CREW Republicは、スイス生まれのマリオ・ハネル氏と、ドイツ・バイエルン生まれのティム・シュニグラ氏の2人によって生まれました。醸造開始は2012年。日本への輸入開始は2014年。ドイツビールを輸入する株式会社KOBATSUトレーディングによって輸入が開始されました。

コラム

環境保護がスローガン!patagoniaのロング・ルート・エールが美味い!

近年さまざまなブランドがクラフトビール業界に足を踏み入れて来ています。その中でも世界的に有名なアパレルブランドpatagoniaが「パタゴニア・プロビジョンズ」という食品事業を立ち上げクラフトビールを企画販売しているのをご存知でしょうか?今回は、そんなpatagoniaが販売するクラフトビール「ロング・ルート・エール」に注目して掘り下げていきたいと思います!

コラム

飲むだけでビューティーが止まらない!オーガニッククラフトビールの開発担当者に話を聞いてきた!

オーガニックビューティーホップ「DHEAVA(ディーバ)」は、ビールの本場ドイツから、オーガニックの大麦麦芽とホップを取り寄せ、富山県産の大麦由来天然酵母により発酵。シャンパンと同じ「瓶内二次発酵」でのきめ細やかな炭酸。無濾過によるビールの濁りが、成分をしっかりと溜め込んだことを示している、繊細で香り高く飲みやすい、エールスタイルのビールです。

コラム

沖縄「ザ・ブセナテラス」限定!フレッシュなクラフトビール「ブセナゴールド」を飲もう!

これから夏本番!沖縄でビールといえばオリオンビールが有名ですが、注目のシーズナル(期間限定)クラフトビールも楽しんでみてはいかがでしょうか。沖縄県名護市の「ザ・ブセナテラス」では、その各レストラン&バー限定で、夏に向けたオリジナルクラフトビール、チャタンビール「ブセナゴールド」を4月20日(金)から提供しています。