Far Yeast Brewing直営店 「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」が五反田にオープン、限定ビールに注目

「馨和 KAGUA」や「Far Yeast」ブランドで知られるクラフトビールメーカー Far Yeast Brewing株式会社が、2020年10月14日、新たな東京直営店として「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」(ファーイーストトーキョー ブルワリーアンドグリル)を五反田にグランドオープンします。

これまで渋谷で営業していた店をクローズし、規模を拡大して移転・再オープンするこの店舗。席数は渋谷の店舗と比較して約5倍の105席となります。テラス席は30席用意され、開放的な空間で充実したドリンク・フードメニューを堪能できます。テラス席はペット同伴OKなのもうれしいポイント。

店内には20タップを設置し、Far Yeast Brewingの基幹ブランド「馨和 KAGUA」「Far Yeast」シリーズをはじめ、国内外のゲストビールなど厳選したクラフトビールを樽生で提供。なかでも注目したいのは、グランドオープン初日からリリースされる予定のオープン記念限定ビールです。新居披露、新築祝いなどの意味をもつ“Housewarming”のワードをもとに「Housewarming Ale」と名付けられたこの特別なビールは、今年開発されたばかりの新種ホップ「Talus(タラス)」を使って自社醸造したゴールデンエール。

「Talus」はアメリカで開発されたホップで、ピンクグレープフルーツ、柑橘類の皮、乾燥したバラ、松の樹脂、トロピカルフルーツ、セージといったさまざまなアロマをビールにプラスします。「Housewarming Ale」は、この「Talus」の豊かで華やかな香りを感じさせつつも飲みやすい仕上がり。クラフトビールラバーなら絶対に味わっておきたい1杯です!

料理はグリル料理がメインで、幻の和牛と呼ばれる宮崎県産の「尾崎牛」を使った「国産牛のグリル」がスペシャリテ。ほかにも「大山鶏のハーブグリル」、ナポリピザやソーセージなど、ビールによく合う定番メニューが揃います。

今後は店内での醸造を目指し、醸造設備の準備を進めています。ブルワリー稼働後は、小規模で実験的なビールや、他社からのオリジナルビール醸造のニーズへの対応など、東京の醸造拠点として活用されます。店内のブルワリーは2020年1月ごろ稼働予定。この先の展開も楽しみですね。

営業時間は、平日は11時30分~15時、17時~23時、土日は11時30分~23時。無休です(状況により変更の可能性あり)。

【参照ページ】Far Yeast Tokyo Brewery & Grill
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる