サンクトガーレン「賀正ビール 2020 干支ラベル」限定販売

賀正ビール

サンクトガーレンは12月12日、年末年始に楽しめる「賀正ビール」を発売します。カラメル麦芽を用いた美しい琥珀色で、香ばしい風味があり、肉料理、醤油風味のものと相性がよい、コク深い味わいが特徴のビールです。

ラベルは2020年の干支である子(ねずみ)や、2019年の日本に明るい話題をもたらしてくれたラグビーのボール、来たる2020年のビッグイベントの象徴である聖火を散りばめたデザインになっています。令和初の正月を記念して「令和」の文字もラベルの中央に配置し、赤地に箔押しされたラベルはとても華やかになっています。

ヨーロッパでは琥珀は幸福を招くものとされ、琥珀を贈ることは「幸福を贈る」意味をもち、お歳暮などの贈り物にも最適です。

サイズは330mlの小瓶(税別400円)と、年末年始の宴席に皆で楽しめる1.8Lの一升瓶(税別2,350円)の2種類で展開されます。原材料は麦芽とホップで、アルコール度数は5.5%。直営ネットショップや公式サイトで購入できます。

【関連ページ】サンクトガーレン
【販売ページ】お歳暮特集-賀正ビール | 元祖地ビール屋【サンクトガーレン】

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






賀正ビール