シュマッツ・ビア・ダイニングで「カンダクラフト」が夏季限定復活

カンダクラフト

関東を中心に18店舗を展開するカジュアルダイニング「シュマッツ・ビア・ダイニング」が夏の限定メニューを8月31日(土)まで提供します。

限定メニューでは、ケルシュスタイルのビール「カンダクラフト」が復活。フードはレモングラスソーセージ(税抜780円)、チキンとレモンのヒューナーフリカッセ(税抜900円)、フレッシュトマトのハラペーニョのピザ(税抜1,100円)などを用意します。

シュマッツ 夏の限定メニュー

「カンダクラフト」は2017年1月にシュマッツ神田店がオープンした際に開発された、オリジナルのクラフトドイツビールです。アルコール度数は4.8%。日本では珍しいと言われるケルシュスタイルのビールで、フルーティーな香りとモルトの味わいや甘みが特徴です。

シュマッツは、ドイツ・ハンブルグ出身の創業者、クリストファー・アックス氏とマークリュッテン氏が、ドイツビールとジャーマンソーセージを販売するフードトラックを日本で始めたことがルーツとなっています。2015年に赤坂店をオープン以降、本格的なクラフトドイツビールとモダンドイツ料理が食べられることで瞬く間に人気となり、現在では関東を中心に18店舗を展開しています。

「カンダクラフト」は日本橋高島屋S.C.店のみ税抜850円、その他店舗では税抜750円で販売されます。ぜひ足を運んで、飲んでみてはいかがでしょうか。

【ウェブサイト】SCHMATZ シュマッツ

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。






カンダクラフト