スプリングバレーブルワリー京都で麹や山椒をアクセントとしたエールビール「Kyoto 2021」を発売

Kyoto 2021

スプリングバレーブルワリーは7月16日、麹や山椒をアクセントとしたエールタイプのクラフトビール「Kyoto 2021」をスプリングバレーブルワリー京都にて発売する。

同商品は、柔らかな口当たりでスッキリ爽快なエールタイプ。スプリングバレーブルワリー京都で2017年9月のオープンより提供してきた商品「Kyoto 2017」のおいしさをさらに進化させた。和柑橘のフルーティーで爽やかな酸味に塩麹や山椒をアクセントとして、飲みやすい味わいに仕上げている。

食事とも相性の良い、飲みやすく飲み飽きない味わいを追求。アルコールを抑えつつ、フルーツの酸味や、塩味を加えて醸造した。また、今年実施された世界5大ビールコンペティションである「Australian International Beer Awards」では、Best Flavoured Specialty Beer部門で金賞を受賞しており、専門家の評価も高い。

原材料は小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、糖類(乳糖)、すだち、かぼす、米麹、塩麹、山椒。アルコール度数は4%。レギュラーサイズ360mlで1杯930円(税込)。

【関連ページ】スプリングバレーブルワリー

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






Kyoto 2021