旅する食卓「小さな海の京都」東京・丸の内に2月28日までオープン!京都丹後クラフトビール販売

京都丹後クラフトビール

東京・丸の内にある「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」に、海の京都DMO、WILLER株式会社の主催で、旅する食卓「小さな海の京都」が2018年12月3日から2019年2月28日まで期間限定でオープンしています。

「小さな海の京都」では「オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード2018」など、国内外の地ビールコンテストで世界的な賞を連続して受賞している、京丹後市の丹後クラフトビールをはじめ、各市町の丹後天酒といったお酒も提供されます。ほかにも、京丹後市のへしこのお茶漬け、 与謝野町の丹後コシヒカリのロシェ、宮津市の小アジのぬかだき、舞鶴市の舞鶴海軍カレーなど、フードも充実しています。

イベントでは、インバウンド向けに英語で表記したメニューや、英語での海の京都プロモーション動画の放送も行われ、国内外に向けて「食」と「酒」、「食」と「宿泊」をテーマに、海の京都への「旅」につながるプロモーションが実施されます。

「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」は、移動ソリューションを提供するWILLER株式会社が運営を行っており、「旅×食×地域」をキーワードに独自の視点で新しい価値を生み出すための研究所です。食と地域に関心を持ち、旅するきっかけとなる仕掛けや、これまでにない商品の紹介を行っています。また、海の京都DMOは、京都府と北部7市町(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)で構成されるDMOです。今回のイベントではそれぞれの地元の特産品を使ったメニューを提供し、海の京都の食文化を発信しています。

MARUNOUCHI TRAVEL LAB

「小さな海の京都」の営業時間は、ランチタイムが11:00から14:00まで、ディナータイムが17:00から19:00までで、定休日は土日です。平日の仕事の合間や、仕事帰りに、同僚や友人を誘って立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】京都丹後クラフトビール
【ウェブサイト】海の京都DMO

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」






京都丹後クラフトビール