八ヶ岳ブルワリー、“ビターショコラ”のような濃厚黒ビール「ショコラ・シュバルツ」を限定発売

ショコラ・シュバルツ

萌木の村のビール醸造・販売部門である八ヶ岳ブルワリーは11月7日、自社クラフトビールブランド「八ヶ岳ビール タッチダウン」シリーズの限定醸造品「ショコラ・シュバルツ(CHOCOLAT SCHWARTZ)」を全国発売しました。

毎年冬の季節に限定醸造している同商品は、“ビターショコラ”をイメージした黒ビール。ベースモルトとなるピルスナー麦芽に加え、高温焙煎したチョコレート麦芽を15%ほど使用しました。

カカオ、コーヒー豆、アーモンドを思わせるほろ苦さと香ばしさがフレーバーの特長です。ベースモルト本来のコク深さと、下面発酵ビール(ラガービール)ならではのドライな口当たりも残し、“濃厚なのにスッキリ”な仕上りとなっています。じっくりと味わいたくなるビールです。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5.5%でIBUは35。330ml×6本で3,300円(内税)。八ヶ岳ビールタッチダウン公式ECショップ、ブルワリー併設レストラン「萌木の村 ROCK」にて購入できます。

【販売ページ】ショコラ・シュバルツ(Chocolat Schwartz) | 八ヶ岳ビール タッチダウン
【関連ページ】八ヶ岳地ビールタッチダウン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






ショコラ・シュバルツ