Yellow Beer WorksとBLACK TIDE BREWINGのコラボビール「Squeezy Peach」発売

Squeezy Peach

Yellow Beer WorksとBLACK TIDE BREWINGは9月17日、コラボビール「Squeezy Peach」を発売した。全体のプロデュースは、東北の魅力をさまざまなアプローチで発信しているTregion株式会社(トレジオン)が担当した。

スタイルはPeach Milk Ale。福島県福島市産の桃(あかつき&白凰)をふんだんに使った。桃の加工は、Yellow Beer Worksが担当し、桃のジューシーさや優しい甘みが感じられるビールに仕上げている。

今年5月、「おかえりモネ」(現在放送中)の宮城県気仙沼市と登米市、そして「あまちゃん」(2013年放送)の岩手県久慈市、「エール」(2020年放送)の福島県福島市が広域で連携する「おかえりプロジェクト」が気仙沼市で発表された。東日本大震災被災3県4市連携をきっかけに、これまでそれぞれの地で震災復興のために尽力してきた3社が協力し、6月下旬からクラフトビール開発を開始。今回の発売に至った。

アルコール度数は6%で350ml缶。YellowBeerWorksBLACK TIDE BREWINGトレジオンなどで購入できる。

【関連ページ】YellowBeerWorks
【関連ページ】Black Tide Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






Squeezy Peach