日本

ブルワリー

一乗寺ブリュワリー

一乗寺ブリュワリーは、在宅で暮らす精神障害者のための「雇用の場」を目指し、医師・高木俊介が開業した地ビールの醸造所です。京都左京区の一乗寺に位置し、日本酒の酒造会社以外で地ビールを製造するのは京都府内では初めてでした。インターナショナルビアカップ銅賞受賞した定番「ゴールデンエール」や、沖縄産黒糖を隠し味に使った「ペールエール」、京都産のオリジナルブランド梅「城州白」など個性的なビールを製造しています。

ブルワリー

Ikari Jyouzou(旧 MT Craft Brewery)

MT Craft Breweryは、1998年に4人の外国人により設立されたビール醸造所です。目黒駅にあるイギリスの地方のパブの雰囲気に包まれたお店「The Meguro Tavern」で、ローストビーフやラム、ポークなどの肉料理やスナック、サラダなどと共に自家製ビールをいただくことができましたが、2020年8月に閉店。現在はMT Craft BreweryからIkari Jyouzouに屋号を変え、テイクアウトでビールを提供中です。伝統的な英国の製法でビタースタイルにこだわり醸造しています。

ブルワリー

浅草ビール工房(旧カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー)

カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリーは、2013年に西浅草でイギリス人オーナーによりオープンしたブルワリー併設のパブ。ブルワリーでは「ビター」などイギリス伝統的なエールスタイルを中心に週替わりで約20種類以上のビールを醸造し、パブスペースにて3〜5種類のビールをタンクから直接提供しております。店舗の内装はイギリスから家具を取り寄せ、落ち着いたイギリスのパブをイメージした作りをし、フィッシュ&チップスやイングリッシュ・ソーセージなどビールによく合う本格的なパブフードをお出ししております。

ブルワリー

オゼノユキドケビール

オゼノユキドケビールは、群馬県館林市で清酒「尾瀬の雪どけ」を発売する龍神酒造が造るビールです。定番アイテムとなっている2種類の小麦ビールは、ホップやエステル香をきかせた華やかなビールとは対照的で、スムーズな飲みやすさが特徴。和食とのマッチングも良く日本酒の醸造技術が生かされているようにも思えます。また一方では、ヘヴィーヘヴィーやIPAなど個性的な季節限定品も楽しめます。※現在は販売されていません。

コラム

食品ロスをビールで解決。北海道の廃棄野菜からできるサステナブルなクラフトビール

コロナ禍での食品ロス問題に注目し、行き場を無くしてしまった野菜を活用して作られた、サステナブルなビールを紹介しよう。日本国内のブルワリー、『JUNGLE BREWERY』は8月下旬、北海道の廃棄野菜を使って作られたクラフトビール『FULL MOON RABBIT』を発表した。このビールにはコロナ禍で余ってしまった北海道の小豆が使用されている。

ブルワリー

【閉店】ステラモンテ

ステラモンテは、岩手県盛岡市にあるブルワリーです。蔵元である「あさ開」は主に日本酒の製造をしていますが、幾多の歴史を経てクラフトビール「ホワイト・ステラ」を開発。ベルギーの伝統的なホワイトビールを基本とし、酒蔵直伝のノウハウや独自のレシピより生まれました。できたては、ブルワリーや併設の多国籍料理のレストランでいただくことができます。

ブルワリー

和歌山麦酒醸造所三代目

和歌山麦酒醸造所三代目は、和歌山市で2017年3月から醸造を開始したビールで、和歌山の新鮮な海の幸を味わえる大衆居酒屋でいただけます。原材料にドイツ産の麦芽とアメリカ産のホップを使用し、地元和歌山の水を仕込み水で醸造。非熱処理、無ろ過の酵母が生きる本物のビールの味を楽しめます。種類は、ペールエールやヴァイツェン、IPAなどを取り揃えています。

ブルワリー

HEIWA CRAFT

HEIWA CRAFTは、和歌山県海南市にある平和酒造で醸造しているクラフトビールです。創業は昭和3年で、日本酒の「紀土」や梅酒の「鶴梅」などを造っており、新規事業としてクラフトビールに挑戦。王道のペールエールや、柚子の香りを楽しめるホワイトエール、強い苦みと高めの度数が人気のインディアンペールエールの3種類を展開しています。ラベルには、平和の象徴である「鳩」がイメージされています。

ブルワリー

Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)

2016年8月に和歌山県田辺市に誕生したボイジャーブルーイング株式会社。ビール醸造歴20年のブルワーが醸すそれぞれのビールは、麦芽100%のビールでモルト感を大切に引き出したリッチなテイスト。ブルワリーでは醸造スペースを一望できる2階フロアを開放しています。定番ラインナップは、濃色麦芽の甘みに柑橘系ホップの苦み・香りをバランスよく際立たせたCOPPER、ふくよかな麦芽の風味や控えめなホップの香りを楽しめるGOLDの2種類です。

ブルワリー

神戸湊ビール

神戸湊ビールは、兵庫県神戸にあるブルーパブ兼ビール醸造所です。全国の地ビールを呑み歩いた醸造長によって造られた神戸湊ビール。原材料にアメリカ産の麦芽とアメリカ産のホップを使用し、地元神戸の水を仕込み水として醸造しています。自家醸造を開始するまでは茨城県の木内酒造本社で設備を借りて醸造していましたが、2016年8月からは自家醸造設備にて醸造をスタートしました。種類はペールエール、ホワイト、ゴールデンエールなどです。

ブルワリー

明石麦酒工房 時

明石麦酒工房 時は、兵庫県明石市にあるブルーパブです。自家製のビールを含め常時8種類のビールと、ビールに合うこだわりメニューを取り揃えています。2017年2月から醸造をスタートし、自家製ビールの第一弾としてペールエール スタイルの「GENTEN」(げんてん)をお披露目。原材料にイギリス産の麦芽と、イギリス産、ドイツ産のホップを使用しています。独自のレシピで造られるビールには、ライトなIPA「HOP」や赤しそを使ったビール「赤石の紫蘇」などがあります。

ブルワリー

小樽麦酒

北海道有数の観光地・小樽市内と日本海を一望できるロケーション豊かな場所で、2002年に北海道麦酒醸造は創業しました。地元の素材にこだわり抜いた、この土地でしか作ることのできない個性に富んだビールを造っています。厳選した有機モルトやアロマホップを使用して醸造されたビールは、もちろん麦芽100%。スッキリとしたのどごしとキレのあるピルスナー、フルーティな香りと味が楽しめるエール、低温発酵した麦芽で造られたラガーなど、どれも個性豊かなビールたちです。

ブルワリー

ニセコビール

ニセコビール株式会社は、有名なスキーリゾート地である北海道のニセコ町で2014年夏に開業しました。ニセコの美味しい水を使ったピルスナー(山吹)、ペールエール(残照)、地元で採ることが出来る鮭節などを風味付けに使ったポーター(蝦夷)を中心に、ブドウやかぼちゃを使ったフルーツビールなどを作っています。醸造所の2階にあるビアレストランでは、北海道内の他のブルワリーの樽生も楽しめます。

ブルワリー

インザドアブルーイング

2015年に設立されたインザドアブルーイングは、神戸の天然水「六甲布引の水」を仕込み水として使用しています。軟水特有の口当たりの良さと、硬水特有のミネラル成分の豊富さ、その両方を兼ね備えた贅沢な天然水です。ビールに不可欠な炭酸は、生きている酵母が発酵して発生する自然そのものの炭酸のみ。自然の恵みだけで作られた華やかな香りとまろやかな味わい、日々深くなる風味が特徴のビールです。醸造所では常時5~7種類のビールを揃えています。

ブルワリー

白雪ビール

白雪ビールは、兵庫県伊丹市にある小西酒造が造っているビールです。小西酒造は、1550年(天文19年)に創業。清酒「白雪」でお馴染の大手酒造メーカーです。日本初のベルギービールの輸入販売を手掛けており、その背景もありビール事業にも参画。醸造設備、製造方法も全て本場ベルギーにこだわり、原材料もベルギー産の麦芽とホップを使用。ブロンドや、ダークなどモルト100%、非熱処理の上面醗酵ビールを展開しています。

ブルワリー

KAMIKATZビール

徳島県上勝町にあるRISE & WIN ブルーイングはゼロ・ウェイストを楽しく理解してもらうためのクラフトビールを製造している施設です。これまでは廃棄されていた、果汁を絞ったあとの柚香の皮を香りづけに使用し、クラフトビールを作る過程でできた麦芽粕は、お菓子やグラノーラなどに再利用しています。また、ブルーイングディレクターにニューヨーク出身のライアン・ジョーンズ氏を迎え、本場アメリカ仕込みのユニークなクラフトビールを製造しています。

ブルワリー

ブルーマジックビール

宇都宮ブルワリー ブルーマジックは、二条大麦・米・いちご・梨・りんご・ぶどう・にら・かんぴょうなど栃木県の農作物を使用したオリジナルクラフトビールを醸造しています。すっきり爽やかなビールから芳醇なコクがあるビール、果物使用のフルーツビール、野菜使用のベジタブルビールなど新たなクラフトビールの世界を表現しています。

ブルワリー

なら麦酒

なら麦酒ならまち醸造所は、2017年3月に奈良県奈良市内にオープンした醸造所です。倉庫を改装した建物の1階に醸造所と併設されたレストラン「麦舎」があります。提供しているビールは、ならまちエール(ペールエール)とあっさりウィート(ウィートエール)です。原材料にはカナダ産、ドイツ産の麦芽とアメリカ産ホップを使用しています。