全米売上1位のクラフトビール「ブルームーン」とWIRED SHIBUYA、コラボアートイベントを3月10日に開催

世界大手のビール会社であるモルソン・クアーズの日本支社、モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社は3月10日、カフェ・カンパニー株式会社が手掛けるWIRED SHIBUYAと連携し、”Artfully Crafted”をコンセプトとしたクラフトビール「ブルームーン」のイベントを開催します。ブルームーンとかけ、満月を迎える3月10日に行われます。

イベントでは、チョークでアート作品を手掛ける「CHALKBOY」氏がデザインするオリジナルのアートグラスでブルームーンカクテルを提供。ほかにも同氏による「ブルームーン」と「WIRED」をテーマにしたアート作品を、WIRED SHIBUYA内の数か所に掲げます。また、シンガーソングライター・KIMIKAさんによるライブも店内で行います。

ブルームーン

「ブルームーン」は全米売り上げ1位(2018年、ニールセン調べ)のクラフトビールブランド。「ブルームーンベルジャンホワイト」は小麦とオーツ麦のブレンドで、バレンシアオレンジを隠し味にして、滑らかでクリーミーな後味を引き出しています。原材料は、麦芽、ホップ、小麦、オーツ麦、コリアンダーシード、オレンジピールでアルコール度数は5.5%。ボトル340円で缶278円(税抜)です。

イベントの時間は19時から22時まで(18時30分入場開始)。料金は入場無料(19時から19時30分まで行われるライブはブルームーン付きで1,000円)。なお、3月10日(火)から3月17日(火)までは期間限定メニューも提供されます。

【ウェブサイト】ブルームーン
【ウェブサイト】WIRED SHIBUYA
【ウェブサイト】Molson Coors Japan Co., Ltd.

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる