備後福山ブルーイングカレッジ、「瀬戸内グルメの家飲みセット」を発売開始

瀬戸内グルメの家飲みセット

体験型ビール醸造工場として開設された広島県の備後福山ブルーイングカレッジは、練り物・珍味製造販売の老舗店・阿藻珍味とのコラボによりクラフトビールと締めのグルメをセットにした「瀬戸内グルメの家飲みセット」を開発し、全国を対象にネット販売を開始しました。

提供するビールは、定番クラフトビールの「Bestbitter」「Saison」「Mildale」「O.D.A」の4種類と限定ビール4種類から。阿藻珍味からは、瀬戸内グルメの鯛めしのもと、尾道ラーメン、鯛わた塩辛、牡蠣のオイル煮、ままかりの酢漬けなどを提供します。

備後福山ブルーイングカレッジは今年1月にオープンした中国地方初となる体験型ビール醸造工場。同社では初心者の醸造体験や醸造家の育成にも取り組んでいます。

価格は「クラフトビール4種(4本)+鯛めしのもと(2合分)が2,970円(税込)、クラフトビール4種(4本)+尾道ラーメン(2食入り)2,530 円(税込)、クラフトビール4種(8本)+鯛わた塩辛・牡蠣のオイル煮・ままかりの酢漬け 6,600円(税込)。販売場所は備後福山ブルーイングカレッジ公式ネットショップから。

【販売サイト】備後福山ブルーイングカレッジ公式オンラインショップ

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






瀬戸内グルメの家飲みセット