ロコビア、桜茶のような「桜香るビール」を数量限定で発売

ロコビア 桜香るビール

ロコビアは3月20日、桜の風味のビール「桜香るビール」を数量限定で発売しました。ボトル版のラベルでは、桜の花びらを入れこんだ春らしいデザインとなっています。

同商品は、ドイツに古くから伝わる小麦ビール「ゴーゼ」に桜を合わせたビール。「ゴーゼ」は酸味と塩味が利いた爽やかな味わいで、近年ではフルーツやスパイスで香りや味を付けたクラフトスタイルのゴーゼが世界的に作られています。

桜と合わせたことで、ゴーゼ特有の柔らかな酸味と春を思わせる桜のアロマが爽快感を高め、まるで桜茶を飲んでいるかのような華やかな風情を感じさせるビールとなっています。

アルコール度数は4.0%で、パッケージは330mlボトル、10Lケグの2種類で販売されています。販売場所はファミリーマート京成上野駅店(東京都)、ファミリーマート佐倉駅構内店(佐倉市)、藤川本店(佐倉市)、茶粋心(佐倉市)、シモアールユーカリが丘店(佐倉市)、ロコビア公式ウェブショップ、ほかロコビア取扱店。

【関連ページ】ロコビア

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

さとふる






ロコビア 桜香るビール