B.LEAGUE 大阪エヴェッサ、「最高ですビール」を販売

最高ですビール

B.LEAGUEの大阪エヴェッサは10月3日、シクロが運営するビール醸造所 Derailleur Brew Worksとのコラボレーションビール「最高ですビール」を発売します。大阪エヴェッサの2020-21シーズンホーム開幕戦より、試合終了後にボトルビールの販売。試合中もカフェエヴェッサにてカップでの販売も予定しています。

同商品は黄金色のクリアなボディでシトラスやフルーティーな香りのアメリカンIPA。後味のキリッとした苦みも楽しめます。大阪エヴェッサの合田怜選手が「から揚げにあうビールを」とリクエストしたことから生まれたビールです。から揚げとのペアリングをぜひとも試してみたいですね。

Derailleur Brew Worksは人情あふれる街・大阪西成で⼤阪らしさと遊び⼼を詰め込んだクラフトビールを2018年から醸造スタート。「⻄成ライオットエール」や⻩桃・バナナを使いミックスジュースをイメージして作られた「新世界ニューロマンサー」など、これまで50種類以上にわたるビールを製造してきました。

最高ですビールの原材料は麦芽、ホップ、レモン果汁。IBU は54でアルコール度数は6%。内容量は330mlで販売価格は660円(税込)。

【参照ページ】【お知らせ】⼤阪・⻄成のクラフトビール醸造所「Derailleur Brew Works」と 大阪エヴェッサのコラボレーションビール 合田選手プロデュース「最高ですビール」を発売

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






最高ですビール