【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

しまなみブルワリー、冬限定濃色ラガー「ダークラバー ウインター」を発売

ダークラバー ウインター

しまなみブルワリーは1月18日、冬限定の濃色ラガー「ダークラバー ウインター」の販売を開始した。「ダークラバー」は、季節によって最適な黒ビールを提案するシリーズ。サマーバージョンに続いての販売となった。

ウインターバージョンで造ったのは「プレミアムボック」。「ボック」はドイツ生まれの伝統的なハイアルコールなラガーで、今回は麦芽定番商品の1.4倍使用し、熟成期間は1.5倍かけた。ラガー特有のキレのある喉越しも特徴で、ロースト麦芽の香ばしく濃厚な風味や苦味に加えて、甘みも感じられる一品となっている。

同社は広島尾道発のクラフトビールメーカー。2021年12月に設立され、2023年3月に醸造をスタート。マイクロブルワリーでは珍しく、ラガースタイルのクラフトビールを主軸としている。雑味のないビール本来のうまさが特長で「ストライクピルスナー」と「ファーストラガー」を定番商品としている。AI広報の「シマナミ ムギ」も注目を集めている。

原材料は大麦麦芽(ドイツ製造、カナダ製造)、ホップ、アイリッシュモス。アルコール度数は7.0%。370ml缶で6本セット5,940円(税込)。しまなみブルワリーオンラインショップで購入できる。

【販売ページ】しまなみブルワリー

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

よなよなの里