スプリングバレーブルワリー、クラフトビール「鹿児島県種子島産 安納芋」新発売

スプリングバレーブルワリーは11月29日、サツマイモの中でも糖度の高い品種である安納芋を使用した「鹿児島県種子島産 安納芋」を数量限定でスプリングバレーブルワリー東京にて発売します。

2019年にスプリングバレーブルワリーが取り組んでいるテーマ「SOCIAL BREWERY」の活動の一つとして位置付ける「FARM to SVB」では、日本各地にある特長的なフルーツや野菜などの素材を商品開発に生かし、年間を通じて情報発信拠点であるスプリングバレーブルワリー東京の限定商品として発売しています。

今回発売する「鹿児島県種子島産 安納芋」は、鉄砲伝来の地として知られる種子島産の安納芋を使用した「FARM to SVB」シリーズ第3弾の商品です。安納芋はほかのサツマイモと比べて糖分が多く、焼き芋にすると蜜が出るほど甘く、食感もしっとりしていることが特長です。この安納芋を一度焼き芋にして、ペースト状にした後に麦芽と一緒に仕込むことで、焼き芋の甘い香りと麦のうまみが調和した、心地よい味わいに仕上がっています。

原材料は大麦麦芽、ホップ、安納芋(サツマイモ)。アルコール度数5.5%。レギュラーサイズ360mlで1杯930円(税込)。

【関連ページ】スプリングバレーブルワリー

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる