キリンビール「Tap Marché(タップ・マルシェ)」の取り扱いブランドを拡充

Tap Marché(タップ・マルシェ)

キリンビール株式会社は、同社が飲食店に展開中の、1台で4種類のクラフトビールを提供できる「Tap Marché(タップ・マルシェ)」の取り扱いブランドを拡充しています。

Tap Marché(タップ・マルシェ)

Tap Marchéは、広い設置場所を必要とせずかつ簡単に3リットルの小型ペットボトル容器を交換できる手軽さと、複数のクラフトビールの中から自店にあった銘柄を選んで提供できることから人気を博している装置です。2017年4月から首都圏の1都3県で「スプリングバレーブルワリー」「グランドキリン」「ヤッホーブルーイング」の3ブランドのビールから展開が始まり、6月に木内酒造合資会社の「常陸野ネストビール」がラインナップに加わりました。その後、今年3月14日から始まった全国展開を皮切りに、約1ヶ月で全国47都道府県に広がり、累計展開店舗は早くも2,500店を突破しています。

そのTap Marchéの銘柄に5月28日、新たに伊勢角屋麦酒として知られる有限会社二軒茶屋餅角屋本店が製造・販売する「ペールエール」「ヒメホワイト」が、さらに6月18日にFar Yeast Brewing株式会社が製造・販売する「東京ホワイト」「東京IPA」が加わり、合計7ブルワリー、17銘柄で展開されます。

Tap Marché(タップ・マルシェ)取り扱いブランド拡充

伊勢角屋麦酒の「ペールエール」は柑橘系の香りと苦みに特徴があり、「ヒメホワイト」は爽やかなホワイトエールです。そして、Far Yeast Brewingの「東京ホワイト」はエール酵母由来の華やかな香りと小麦由来のフルーティーな香りに特徴があり、「東京IPA」はベルジャン酵母とアメリカンホップによる華やかな香りが特徴のビールです。

行きつけのお店にTap Marchéが導入されていたら、ぜひ新鮮なクラフトビールを楽しんでみてください!

【公式ページ】Tap Marché

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」






Tap Marché(タップ・マルシェ)