英国風パブ「HUB」運営のハブ、創業40周年記念で「ハブエール」4種を3月から順次リリース

英国風パブ「HUB」と「82ALE HOUSE」を運営する株式会社ハブは、創業40周年を記念してオリジナルクラフトビール「ハブエール」4種を、3月より順次販売します。毎年、春・夏バージョン、秋・冬バージョンの2種類を販売していますが、今回は、3月から5月、6月から8月、9月から11月、12月から2月の4回に分けて発売します。

「ハブエール」は、「とりあえず」の存在ではなく主役となるビールが作りたいという同社の想いから企画されました。クラフトビールを企画・販売する「ビアスタイル・トゥ・ワン」とクラフトビール製造の老舗「エチゴビール」の協力を得て、試行錯誤の末に2005年に誕生しました。

2020年3月から販売されるハブエール第一弾は、2005年にハブエールが発売したときのバージョン1です。このハブエールは、エール酵母を使用しつつラガービールのように低温熟成を組み合わせて製造しており、しっかりとした味わいと飲みやすさを両立させたビールです。新潟のブルワリーから当日冷蔵発送を行うなど、鮮度にもこだわっています。また、季節によってオリジナルレシピも変わります。

「ハブエール」は、1/2 Pint glassが510円、3/4 Pint glassが730円、1 Pint glassが910円で提供されます。

【Twitterページ】英国風パブ HUB&82さん (@HUB_82) / Twitter
【Facebookページ】英国風パブ HUB -British Pub HUB- – ホーム
【コーポレートサイト】株式会社ハブ
【店舗サイト】HUB・82

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる