新橋のオリジナルクラフトビール「新橋SLビール」、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行予約受付中

新橋SLビール

日本最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて、日テレ7が「新橋SLビール」の先行予約受付を開始しています。

「新橋SLビール」は、サラリーマンの聖地「新橋」の象徴となるクラフトビールを製造することで「日本テレビの地元・新橋地域を元気にしたい!」というコンセプトのもと、地元町会・商店会・自治体の協力を得て誕生しました。

ビールラベルデザインを手掛けたのはタツノコプロ。新橋のシンボルであるSLがネオン輝く夜の街に照らされて、7色に輝くワンシーンを詰め込んだファンタジックなデザインで、タツノコの人気キャラクターも登場するラベルとなっています。

中身はニューイングランドスタイルのIPA。豪州産の希少ホップ「ギャラクシー」を贅沢に使用し、マンゴー、ピーチ、パッションフルーツの香りが特徴です。無濾過製法による、ホップ由来のフルーティーでジューシーな味わいを楽しめます。フレークされた大麦やオーツ麦をブレンドすることで柔らかく、なめらかな口当たりが印象的。さっぱりとした甘みがあり、苦味は抑えめなIPAです。

製造元は伊勢角屋麦酒。原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、オーツ麦、米。内容量は330mlでアルコール度数は7%。支援できる金額は1,000円からです。

【参照ページ】【1000本限定】サラリーマンの聖地「新橋」の象徴となるオリジナルクラフトビール
【関連ページ】伊勢角屋麦酒

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






新橋SLビール