スプリングバレーブルワリー東京にて、夏限定のビール「Summer Saison 2018」販売中

スプリングバレーブルワリー Summer Saison 2018

スプリングバレーブルワリー株式会社は、ハーブを使用した爽快な味わいが特長の「Summer Saison 2018」を7月6日より、スプリングバレーブルワリー東京にて数量限定で提供を開始しています。

ハーブ4種

Summer Saison 2018(サマーセゾン)は、今年で3年目となるスプリングバレーブルワリー東京の夏定番のビールです。原料に、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップの他に、レモングラス、レモンバーム、ジュニパーベリー、カルダモンの4種のハーブを使用しており、夏にふさわしい爽快でスパイシーな味わいに仕上がっています。

商品名にも使われている「セゾン」とは、ベルギーやフランスの一部で冬に仕込み、夏の農作業の合間に飲まれていたビールのタイプのこと。フルーティーでスモーキーなフレーバーをベースに、酸味がバランス良く調和しているのが特長です。

定価は、360mlで930円。アルコールは4.5%と少し抑えめ。代官山にあるスプリングバレーブルワリー東京にてクラフト生で提供されています。

夏らしい爽やかな味わいを試しに、足を運んで見てはいかがでしょうか!

【店舗ページ】スプリングバレーブルワリー東京

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」






スプリングバレーブルワリー Summer Saison 2018