Far Yeast Brewing、トマトを使ったビール「Far Yeast Omoiro Tomato Ale」の予約販売開始

Far Yeast Brewingは4月27日、山梨をビールで盛り上げる「山梨応援プロジェクト」第4弾として、山梨県北杜市の「おもいろトマト」を使った「Far Yeast Omoiro Tomato Ale(ファーイースト オモイロトマトエール)」の予約販売を開始した。5月21日より一般販売を開始する。

同商品は、甘みと酸味のバランスが絶妙なプレミアムトマト「おもいろトマト」を約500L使用している。トマトの青み・酸味・旨みを、セロリ、シトラホップ、昆布、バジルで強調しつつ、さらに柑橘フレーバーのコリアンダーと数々のスパイスを加えて、奥深い味わいの野菜カクテルのような1本に仕上げている。

「山梨応援プロジェクト」は、同社が山梨県産の生産物を使ったビール造りを通して地域の産業の活性化をはかりたいという思いから立ち上げた取り組み。今回は、山梨県北杜市にある農業生産法人リコペルが生産し、賞味期限が近づき、市場に出せなくなってしまった「おもいろトマトのジュース」を使用している。

原材料はトマト、麦芽、糖類、香辛料、昆布。アルコール度数は5%。仕様は350ml缶、15L樽でオープン価格。5月8日、9日には、山梨県内の2店舗「Four Hearts Cafe(甲府市)」「Craft Hop Stand(山梨市)」にて「山梨応援プロジェクト」のビールが飲めるイベントを開催。ほかにもFar Yeast Brewing公式オンラインストアで購入できる。

【参照ページ】「山梨応援プロジェクト」第4弾 山梨県北杜市のトマトを使った 「Far Yeast Omoiro Tomato Ale」 4月27日(火)予約販売開始 | Far Yeast Brewing
【販売ページ】Far Yeast Brewing公式オンラインストア
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。