東京ヴェルディ、OGA BREWING製造の公式ビール「1969BEER」を販売開始

1969BEER

サッカーJリーグの東京ヴェルディは4月28日、OGA BREWING製造の公式ビール「1969BEER」の販売を開始した。3月20日にはツエーゲン金沢戦の試合会場にて試飲会を実施し、ファン・サポーターの意見を商品制作に反映している。

同商品は東京ヴェルディ公式オリジナルクラフトビール第1弾。チームのメインカラーが緑であることからケールを使用し、すっきりとしたセッションペールエールに仕上げた。スタジアムの青々とした香りやイメージを表現している。

1969BEER

ファンに愛されるビールを目指し、売上の5%をクラブの運営資金とする。さらに、瓶やラベルの写真を撮影しTwitterにハッシュタグ「#1969BEER」を付けて投稿した人から抽選で3名に選手直筆サイン入り1969BEER(瓶タイプ)1本をプレゼントするキャンペーンも行う。

アルコール度数は4.0%でIBUは24。330ml瓶でOGA BREWING EC販売ではオリジナル王冠シール付きで715円(税込・送料別)。OGA BREWING店頭販売は715円(税込)。リモートマッチ観戦セット(瓶3本セット+オリジナルプラカップ付き)は限定100セットが2,200円(税込・送料別)。東京ヴェルディのホームゲームスタジアムではオリジナルプラカップで900円(税込)で提供する。

【販売ページ】OGA BREWING公式オンラインショップ
【商品公式ページ】1969BEER 特設サイト

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






1969BEER