ヤッホーブルーイング「軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA」販売開始

軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA

株式会社ヤッホーブルーイングは4月16日、軽井沢エリア限定クラフトビール「軽井沢ビール クラフトザウルス」シリーズの新製品「軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA」の販売を開始しました。

「軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA」は、複数のホップを使用し、IPAのようにオレンジを思わせる爽やかな香りが特徴の黒ビールです。一般的な黒ビールは、焙煎した麦芽の香ばしい香りが特徴的ですが、本製品ではホップの個性をより際立たせるために、麦の殻を取り除いた「Carafa Special」という麦芽を使用しています。そのため、一口飲むと鮮やかなホップの香りが鼻腔を満たし、後からほろ苦い味わいが感じられます。

日本におけるクラフトビールは、ビール市場全体の約1%に留まるのに対し、軽井沢はクラフトビールのシェアが約30%に上ります。クラフトビールの本場であるアメリカでは同シェアが約23%であることからも、軽井沢にはクラフトビール文化が浸透する土壌があります。

そんな軽井沢ビールには、フラッグシップでもある「軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール」という商品があります。2017年の発売以降、年々人気を博し、直近6ヶ月の軽井沢エリアにおけるクラフトビールの売上No.1製品となっています。

軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール

軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール

そして、今回の「軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA」。年々縮小するビール市場を「ビール氷河期」と表し、そこに誕生した新しいビールを「クラフトザウルス」という架空の生物で表現しています。「地元軽井沢をクラフトビールの街にしたい」という想いから、新しいクラフトビール文化を提案するブランドとして誕生しました。

価格は、350ml缶で267円(税別)。ビアスタイルはブラックIPA。原材料は、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ。アルコール度数は6.5%。賞味期限は製造から5ヶ月となっています。商品は、軽井沢エリア限定販売で、星野エリア「村民食堂」や、町内のスーパーやコンビニ、土産店他、各所で購入することができます。また、樽製品も軽井沢エリアの飲食店で4月16日(火)より、公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店でも数量限定で4月19日(金)より販売しています。

今後もいろいろな製品の登場が期待される軽井沢ビールに注目が集まります。ぜひ、ご自宅や公式レストランで試してみてください!

【ウェブサイト】軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA
【ウェブサイト】【公式】軽井沢ビール クラフトザウルス|ヤッホーブルーイング
【関連ページ】ヤッホーブルーイング

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」






軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA